2018年07月22日

本を出すというパラレルワーク!サポートします。

publication001-01
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1年の通学で本の著者になる講座!(目黒の出版学校)
66冊出版、165万部の現役著者が「秘伝」の技術を特訓!
しかも、出版社売り込み付き!

「専門家としての箔付けのために出版をしたい!」
「電子書籍ではなく紙の出版がしたい!」
「実費出版ではなく″印税″が貰えて、全国の書店で販売される″商業出版″がしたい」
「書籍を一生書き続けられるような企画スキルと執筆スキルを身に着けておきたい」
「今までの実績をノウハウ書にすることでさらに受注を増やしたい」
「書籍を出版することで講演などの機会を増やしたい」

昨今、そのような要望を抱く「専門家」といわれるほうが増えてまいりました。専門家は出版をすることで、美辞ネスにおけるさまざまなパフォーマンスを向上することができます。
ここで出版業界の事実をお伝えする必要があります。
それは印税を貰う形式で、全国書店発売される正規の出版、つまり「商業出版」は難易度が高い出版スタイルであるという点です。
出版には大きく次の3つのパターンがあります。


続きはコチラで!
一生使える著者・出版のテクニック


Posted by shionagi1 at 19:23│Comments(0)