2018年06月24日

「遊び筋」衰えてませんか?

10665819_1525334631012504_6208966998788928018_n

「さあ、今日は久々に遊ぶぞ〜」
そう思って夜の街に飛び出したり、海に向かって駆け出したり、
でも途中で疲れてしまい、思いのほか愉しめないことがある。

10代よりは20代、20代よりは30代、30代よりは40代、人間はそんな不完全燃焼感を感じる頻度が多くなる。

不完全燃焼に終わり、遊んでも楽しくない。
どうしてなのか?

せっかくの休日に愉しめないなんて?
もしかして心の病?

遊びが楽しくないから?
その答えはどれもノー!

それはあなたの「遊び筋」が衰えているから。
愉しむ能力が退化しているのだ。
遊び心の運動不足状態なのだ。

もちろん体だって衰えているだろう。
でもそれ以上に“愉しむ心”がくたびれてしまってる。

正しくスポーツをすれば体力は向上する。
気持ちだって強くなる。

でも急に走ったりすると、体はヘトヘト、筋肉痛になったり、けがしたり、おまけに気持ちも萎えてしまう。

遊びにおいてそれと同じ状態に陥っているのだ。

遊び筋を、きちんと正しく、定期的に、規則正しく鍛えていないと、遊んで楽しみたいときに遊べなくなってしまう。基礎的な遊び力を普段から鍛えなければ駄目ということだ。

きちんと遊び筋を鍛えるには定期的に遊ぶしかない。夜9時には仕事を切り上げ、切り替え、街に出る。土曜日の朝は早起きして仲間と自然の中に繰り出す。

強制的に頭と体を切り替えて、しっかり定期的に遊ぶ。
そうやって鍛えておくことで、あなたは「遊べば遊ぶほど元気が出るからだ」になることができる。
「今週は体が重いなあ」
そんなときは週の半ば、水曜日か木曜日に思い切り遊んでみる。

するとパワーがチャージされ、その勢いで週末まで高テンションで仕事を乗り切ることができる。
遊んだおかげで神経が和らぎリラックスできる。
そのおかげで仕事もはかどる。

さらには脳にドーパミンが出て「快」を感じられる。
さらには遊びをもっと愉しむための課題や目標みたいなものが生まれる。
そしてますます遊びに本気になる。

「それでも最近仕事が忙しくて、遊ぶのは辛いよ」
そんなあなたにとっておきの方法がある。
どんなに疲れていても、どんなに眠くても疲労感がぶっ飛びしゃきっとする遊び方だ
「魅力的な人と出会う遊び」をすればいい。

合コンでもいいし、パーティでもいいし、クラブやラウンジ、あるいはイベントをしている店でもいい。生活のなかに「魅力人と出会う遊びのしくみづくり」をすればいい。
男でも女でも魅力人と出会った瞬間、必ずパワーが漲る。

しゃきっと元気になれるのだ。遊び筋を鍛えよう、遊びを通じてエネルギーを充填できる体になろう。それさえできれば、あなたの毎日にはAnotherParadiseが出現する。それを維持できる。増殖させられる。

いつまでも自分らしい生命力に満ちた日々を送ることができる。

ご興味を持たれた方は、ライフワーク探求・超入門講座への参加、そして、メールマガジンに登録ください。



Posted by shionagi1 at 17:24│Comments(0) 自由人生