2017年05月04日

面白味のある男は「合わない人には嫌われてもいい」と割り切っている。

おとこ

面白味のある男—――そういわれてあなたはどのような人を想像するだろうか?

誰からも好かれて、敵を作らず、誰彼と受け入れ、よい関係を作る。饒舌で社交的で茶目っ気があり、いじりどころもある。そんなイメージを抱くのではなかろうか。

あなたもそんな「面白味のある男」になりたいと思ったことが一度はあるだろう。しかし実際のところは「誰からも好かれる面白味のある人」というのは存在しない。

人間には必ず合う、合わないというのがある。ある人から好かれれば、ある人からは敬遠される。「面白味のある男」とは「特定の層から熱狂的に好かれる男」のことを言う。

面白味のある男は必ず一定層からは支持されない。そのかわりある一定層からは熱狂的に支持される。これは一般人でも著名人でも同じこと。
 あなたが「面白味のある男」になるときに捨て去らなければいけないもの。それが「誰かから嫌われたらどうしよう―――」という恐怖心だ。

面白味のある男になりたければ、まずは「合わない人には嫌われてもいい。合う人からだけ愛され、そして楽しく過ごせればいい。合う人とだけ出会い続ければいいのだ」と割り切るのが近道である。

ーーーーーーーーーーー
潮凪洋介ツイッター 
あなたが自分を取り戻すフレーズを配信!
2時間ごとに発信!
https://twitter.com/shionagi
ーーーーーーーーーーー


Posted by shionagi1 at 09:36│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shionagi1/52659976