2017年01月25日

やりたい仕事が全部できる日本!素敵ですね。

NAGI
パラレルワークの時代がやってくる、好きな仕事が全部できる時代、アナザーパラダイスを誰でも持てる時代、
==================
<出典:日本経済新聞2016年12月26日> 
正社員の副業 後押し 政府指針、容認に転換 働き方改革
==================

12月26日 日本経済新聞一面トップニュース!うれしい!
本当の自由がやってくる。やりたい仕事が全部できる日本!素敵ですね。

27年前からずっと思っていることです。
嗚呼、待った、待った、待った!!すごく待った・・・
若き会社員時代は弾圧されたり、クビになったりもした、、(笑)

「世の中甘くないよ、社外で夢見てんじゃねえよ」

言われ続けた20代

そのパラレル(社外活動)がいつしか本業になり、
今僕は生きている

いま、やっとみんなが会社外にパラダイスを持ち、そのなかで、何が自分がしたいのか真剣に向き合う未来、夢を語る時代、語らなきゃいけない時代、自分で人生を決められる時代がやってくる(この先ゆっくりと)!

残業制限も制定されそうだし、

自己責任の自由時間が増える、

正社員の方々が隠れキリシタンみたいに、
社外活動をしなくていい時代

みんないきいきするから、恋愛だってもっと活性化する!
鬱々とした気分も晴れ渡る
収入もアップする
国は生涯労働人口を確保できる(社外天職を見つけた人が増える)
仕事の能力もあがる
死ぬまで
好きな仕事で自己実現できる

バカンス法も夢じゃない

27年ずっと思っています。 笑顔の社会になればいいなあ、

勝手な個人妄想、極めて強い妄想です。
すべての行動の核になってます。

人生完全燃焼〜
いつか死ぬんだから!

==================
正社員の副業 後押し
政府指針、容認に転換 働き方改革
==================


政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定(総合・経済面きょうのことば)を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。


安倍晋三首相は副業や兼業について「普及は極めて重要だ」との認識を示している。少子高齢化による労働力不足を補い、職業能力の向上で成長産業への雇用の流動化も促すためだ。政府の働き方改革実現会議は年度末にまとめる実行計画に普及の方針を盛り込む。


中小企業庁の委託調査によると副業の希望者は370万人に達する。IT(情報技術)関連企業では「会社の資産を毀損しない限り報告も不要」(サイボウズ)にし柔軟な働き方を認めている。自家用車で人を運んで対価を得るライドシェアの米ウーバーテクノロジーズや民泊のようなシェア経済も副業が支える。
 副業・兼業の拡大は大きく3段階で進める。まず厚労省が「モデル就業規則」を年度内にも改定する。現行規則では、許可なく兼業・副業をした場合は懲戒処分の対象として罰してきた。

新たに改定する規則では、原則的に副業や兼業を認める規定を盛り込む。「同業他社に企業秘密が漏洩する恐れがある」「長時間労働につながる」など例外的に副業が認められないケースも併記し、企業や社員が判断しやすいようにする。モデル就業規則は企業への強制力はないが、中小企業ではそのまま転用する例も多いため、波及効果に期待している。


第2段階として、社会保険料負担のあり方などを示した政府指針(ガイドライン)を来年度以降につくる方向だ。現行の労働法制では、複数の企業で働いた場合「社会保険料や残業代をどの企業が支払うか」「労働災害の原因はどの企業か」の基準がなく、解禁をためらう企業も多いためだ。


第3段階では人材育成のあり方を改革し、来年まとめる成長戦略に明記する。正社員の実践的な人材育成に特化した大学のコースを新設する。失業率の低下を踏まえ、厚労省の職業訓練も失業対策から実践的な訓練に重点を置く。2030年に約79万人の労働力不足が予想されるIT分野では望ましい技術目標を定めて、訓練水準を高める。
 今後、正社員の兼業になお慎重な産業界との調整や、過重労働への歯止め策などが課題となる。

<出典:日本経済新聞2016年12月26日>

 パラレルワーカーズサロン(2月11日)
https://www.facebook.com/events/138301303337535/

メルマガも配信中(FREEDOM COLLEGE)
http://www.freedom-college.com/



Posted by shionagi1 at 10:55│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shionagi1/52649734