2017年01月13日

個人的な考えです。

spo7











書籍編集者さんは歯を食いしばり本を編集している、私の親しい方でマウスピースをしている方も何人かおられる。食いしばった歯が欠けるからだ。

そうやって僕らの本は世に出ている。今お世話になっている方が前歯が崩落してしまい、今マスクで仕事をしている。

そう考えると真剣に著者は本に向き合うべきだし、40〜50冊出版し、たまたま売れた本をいくつばくか出そうが「値打ち」を吐いたり、少々のことで編集さんにナーバスになってはいけない。

校閲、書店、営業さん、デザイナーさん、多くの方に神輿に担いでもらっているのだから、

筆者は感謝しながら淡々と書く。
文句言う前に売れる文章を書く。
売れても余計な文句は言わない。
提案はいい
ただ不快な減らず口は叩かない。
ただ良いものを書くだけ。

個人的な考えです。

Writing fighting!


Posted by shionagi1 at 15:22│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shionagi1/52648530